ビフィズス菌B536

ビフィズス菌B536

宅配用のラクトフェリンヨーグルトには、生きて腸まで届くビフィズス菌B536が含まれています。
このビフィズス菌は1969年に森永乳業の研究により発見されました。
健康な乳児の腸内にあるビフィズス菌で、人にもなじみやすい菌だといえます。

 

ビフィズス菌はもともと酸には弱い性質を持つため、ヨーグルトに含まれていても、胃酸で分解され消失してしまいます。
これでは腸まで届けることはできず意味がなくなってしまうでしょう。
しかし、様々な研究によりビフィズス菌B536が発見され、生きたまま腸まで届くことなく摂取できることがわかりました。

 

現在ではビフィズス菌B536入りヨーグルトは世界に広まっており、日本でも森永乳業のヨーグルトで摂取することができます。
ラクトフェリンヨーグルトのみの特徴ではないため、別のヨーグルトでも摂取できます。

 

ビフィズス菌B536にはいろいろな効果が期待されています。
整腸作用、大腸がん予防、感染予防作用、抗アレルギー作用、潰瘍性大腸炎の緩和、コレステロール低下作用、骨強化などです。
なかでもスギ花粉の研究では、ビフィズス菌B536に改善効果が認められているため、花粉症の方に朗報ではないでしょうか。

 

アレルギー対策に良いのは、菌そのものが腸管粘膜刺激作用をもたらし、整腸作用による免疫力アップの両方による効果だと考えられています。