宅配とスーパーの違い

宅配とスーパーの違い

森永乳業から販売されているラクトフェリンヨーグルトは、スーパーで売られているもの、宅配専用のものと分かれています。
これらはどう違うのか迷う方もいるのではないでしょうか。

 

宅配用のラクトフェリンヨーグルトには、ビフィズス菌とモラック乳酸菌が配合されていると記載されています。
しかし、スーパーで売られているラクトフェリンヨーグルトには、どの乳酸菌が配合されているかは記載されていないのです。

 

ヨーグルトである以上乳酸菌は配合していることになりますが、特殊なモラック乳酸菌のようなものが含まれていないだけです。
モラック乳酸菌は森永乳業が保有する数千の乳酸菌の株のなかから、免疫力を高める成分として選んだものです。
モラック乳酸菌は森永乳業が名前をつけているため、当然独自の成分だといえます。
この乳酸菌はインフルエンザウイルス対策の効果が研究で証明されています。

 

宅配用にもうひとつ含まれているのがビフィズス菌B536です。
このビフィズス菌は抗アレルギー作用がある成分として配合されており、森永乳業が行った研究でその作用が確認されています。
そのため花粉症の予防として使う方も多いようです。
森永ビヒダスヨーグルトにも含まれているビフィズス菌です。